Press Release

プレスリリース

2020/01/24/金

Cygames、佐賀県伊万里市と三者共同で小学生プログラミング特待生の募集を開始 講師不足の課題を解消する、eラーニングシステムを活用した学習を提供

CATEGORY : 公教育への貢献活動

小学生向けプログラミング教育事業の株式会社CA Tech Kids(読み:シーエーテックキッズ、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:上野朝大)は、ゲームの企画・開発・運営事業を行う株式会社Cygames(以下サイゲームス、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渡邊耕一)と、佐賀県伊万里市と三者共同で取り組む、小学生を対象とした「”Cygames presents” IMARI Kids プログラミング特待生」の募集を開始することをお知らせいたします。

本取り組みは、伊万里市内の小学4年生から6年生を対象に希望者を募り、プログラミング学習を無償で提供するものです。特待生は、半年間の支援期間において、eラーニングシステムを活用したプログラミングの自学自習に取り組み、毎月1回程度、CA Tech Kidsの講師による対面のサポートを受けることができます。また、PCやインターネット環境に必要な機器類も無償で借りることができます。

本取り組みの背景として、サイゲームスとCA Tech Kidsは2019年10月から11月にかけて伊万里市内の全ての小学6年生を対象に、プログラミングワークショップ「”Cygames Presents” Tech Kids CAMP in IMARI」を実施しており、サイゲームスが提供するイラストや音素材を用いた簡単なゲーム開発体験を通して、子どもたちにプログラミングの楽しさや可能性を伝えてまいりました。そうしたなか、非常に熱心にプログラミングに取り組む子どもに対して、さらに学習を深めることができる環境を提供したいという想いから、本取り組みの構想に至りました。サイゲームスはPCの寄贈やゲーム開発素材の無償提供など、子どもや学生を対象としたプログラミング教育支援を積極的に展開しており、本取り組みにおいても学習に必要な機器類の全面提供を行います。

現在、2020年度から始まる小学校でのプログラミング教育必修化を前に、プログラミング講師や指導体制の不足が課題となっております。全市町村教育委員会におけるプログラミング教育に関する取組状況等調査では、約7%の教育委員会が「最低限必要と考えられる指導体制の基礎が整っていない」と回答する(※)など、 地方によって指導体制の整備状況にばらつきがあることが明らかとなっています。こうした課題に対処すべく、CA Tech Kidsでは、運営するeラーニングシステムを活用することで、講師に依存せず、効率的で本格的なプログラミング学習のソリューションを提供し、子どもたちが住んでいるエリアに関わらず、等しく継続的な学習を続けられる環境の実現に取り組みます。CA Tech Kidsは、2013年の設立以来、大都市から地方まで全国各地の自治体と連携・協力し、プログラミング教育の機会創出と普及活動を行ってまいりました。自治体主催の子ども向けワークショップや、講師等の育成研修プログラムの提供のほか、市役所・議会等への政策協力、政治家や教育関係者などの視察受け入れなど、幅広い協力活動を通して、国際社会共通の目標であるSDGsが掲げる「質の高い教育をみんなに」「産業と技術革新の基盤をつくろう」に貢献するとともに、今後も引き続きプログラミング教育の推進に取り組んでまいります。

※出典:文部科学省「令和元年度市町村教育委員会における「小学校プログラミング教育」に関する取り組み状況の調査結果」

▼2019年伊万里市で開催したワークショップの様子

■”Cygames Presents” IMARI Kids プログラミング特待生 募集概要

募集締切
2020 年2月12日(水)まで
対象者
同市内の小学4年生〜6年生(2020年1月時点)
選抜人数
10〜20名程度を予定
応募方法
各学校(クラス担任)を通じての応募に限る
共催
佐賀県伊万里市、株式会社Cygames、株式会社CA Tech Kids
詳細
伊万里市HPをご確認ください
https://www.city.imari.saga.jp/16197.htm/